OFFICEビアンコのシミ・そばかすに効く食べ物専門サイト

シミ・そばかすにお悩みのメンズ、レディースのためにシミ・そばかすに効く食べ物についてお伝えします。
MENU

シミとそばかすと私

毎日鏡をの前でメイクをしていると、否が応でも自分の顔を見なくてはなりませんね。
鏡にうつった自分を見て、何とも言えない気持ちになるのは置いておきましょう。
しかし、お肌を見て放っておくのは今すぐ止めてください。
なぜって?
お肌に異変が出ているのを放っておいてもひどくなるばかりです。
私は、20代から出てきたシミとそばかすを放っておいたばかりに、今や見るも無残なお肌の汚さ・・・。
シミ・そばかすだらけの顔を毎日見ては、ため息の連続です。
シミができるのは、女性だけに限りません。
男性の肌にも顕著に現れるシミ・そばかす。
そのシミやそばかすをどうにかできないものか、悩んでいるメンズ・レディースは多いのですよね・・・。

 

 

シミ・そばかすを薄くしたい!

アラフォーの私ですが、過去に一度だけシミ・そばかすをどうにかできないかと試行錯誤した経験があります。
その時は、一時的に若干改善はされたものの、結局その後放っておいたものですから、今はひどくなってしまっています。
しかし、40を目前にして、「このシミとそばかすはどうにかならないものか」と考えだすようになったのです。
きっかけは、周りにキレイなお肌の人が出てきたからという、何とも単純なものです。
しかし、彼女は50を過ぎているにも関わらず、お肌は真白でツヤがあり、とてもキレイな状態なのです。
シミやそばかすなんてものはありません。
しかも、すっぴんでいてもとてもキレイなのです。
なんて羨ましいのでしょう。
私もこうなりたい!と思ったからこそ、今から始められるシミ・そばかす対策はないものかと思い立ったのです。

 

 

シミとそばかす

まずは、シミとそばかすの違いを見てみましょう。

 

シミ

紫外線の影響が大きく、多くは30代から出てくる肌老化の一種。
新陳代謝の低下による老人性色素斑、ニキビの炎症がもととなる炎症後色素沈着などがあります。
形や大きさ、出てくる量も人によって大きく異なります。

 

 

そばかす

雀卵斑(じゃくらんはん)ともいいます。
シミの一種ではありますが、遺伝的要素が強いと考えられていて、10歳頃の子どもに多く見られます。
点々とした細かな斑点が顔や背中などの広い範囲に複数出現し、ケアをせずに放っておくと、紫外線の影響で濃くなることがあります。

 

 

シミもそばかすも、メカニズムは同じなので、原因を排除すれば薄くなると想定されます。
表皮の一番下にあるメラノサイトという色素産生細胞が紫外線の刺激を受けることにより、メラニン(黒い色素)を作り出してしまいます。
お肌が元気ならば、表皮のターンオーバーにより角質と一緒に体外へと排出されるのですが、ストレスや寝不足などによってターンオーバーが乱れてしまうと、メラニンの排出がうまくいかなくなり、肌の表面に残ってしまうのです。
これがシミですね。
そして、そばかすは色が濃くなってしまうことがあるのです。

 

 

 

シミもそばかすも、ともかくストレスは一番の大敵です。
この社会で生きていく上で、ノンストレスな生活はかなり無理があるでしょう。
しかし、ストレスを軽減させることはできますよね。
うまく発散させて、少しでもシミとそばかすを防いでいきましょう。

シミ・そばかすに効くレシピ

できてしまったシミやそばかすは、少しでも薄くしたい、そしていつかは絶対に消したいと願う女性がたくさんいます。
でも、実際にはなかなか消すことは難しく・・・むしろ、新しいシミを作る方が断然簡単ですよね。
放っておけばよいだけですからね。
何もつけず、紫外線対策用のウェアや日傘、帽子も被らずに炎天下の中で過ごしていれば、シミ予備軍はどんどん増えていってしまいますからね。
まあ、その状況で何も対策をしなければ、熱中症にも注意が必要となりますけどね。
そんな嫌な話は置いといて、シミやそばかすを薄くする対策を考えましょう。

 

 

シミ・そばかすに効果のあるレシピ

食べ物に気を付けるだけでも、シミ・そばかす対策はできますが、せっかくなので美味しいレシピをご紹介してみます。
いくつかある中で、私のおすすめレシピをお伝えしますね。
簡単にできて、おいしくシミ対策できるものばかりです!

 

 

トマトとりんごのスムージー

抗酸化作用があり、活性酸素の消去に優れたリコピンが含まれるトマトと、リンゴポリフェノールという抗酸化成分が含まれるりんご(特に皮の部分)を摂取して、シミをなくしましょう!

 

調理時間およそ5分

 

≪材料 2人分≫

  • トマト 2個(無塩のトマトジュース300mlでも代用可)
  • りんご 1/2個
  • レモン果汁 大さじ1

 

≪作り方≫

  1. りんごは芯と種を取って、皮を残したまま1センチの厚さに切る。
  2. 1と残りの材料をミキサーで攪拌するだけで完成!

 

 

 

フルーツサラダ

ビタミンCが豊富に含まれる柑橘類を食べることで、メラニンの生成を抑えるとともに、濃くなったメラニンを薄くする働きにも期待できます。
特に、キウイフルーツに含まれるビタミンC、ビタミンE、β−カロテンの相乗効果によって、強力な抗酸化力が発揮されます。
新しくできるシミが気になる夏には特におすすめのレシピです。

 

調理時間およそ15分

 

≪材料 2人分≫

 

  • グレープフルーツ 1/2個
  • オレンジ 1/2個
  • キウイフルーツ 1個
  • カッテージチーズ 50g

 

≪ドレッシングの材料≫

  • サラダ油 小さじ1
  • レモン汁 小さじ2
  • 塩 少々

 

 

≪作り方≫

  1. グレープフルーツとオレンジは皮をむいて薄皮から出して、中身をひと口大にほぐす。キウイは厚さ1センチのイチョウ切りにしておく。
  2. ドレッシングの材料を混ぜ合わせておく。
  3. カッテージチーズと1を合わせてから、ドレッシングを加えて混ぜ、器に盛り付けて完成!

 

 

他にも、簡単に調理できるレシピはたくさんあります。
中でも、トマトを使用したレシピが多いので、それだけトマトがシミ・そばかす対策によいということがわかります。
時間のない人は、無塩のトマトジュースを飲むだけ、毎日トマトを食べるだけでもよいと思いますので、シミ・そばかす対策によい食材を毎日の食卓にしっかり取り入れていきましょう。

 

(出典:シミ・そばかすに効くレシピ

シミ・そばかすの原因

シミやそばかすの原因ってそもそも何なのでしょうか。
なんとな〜く、紫外線を浴びるとシミができるというのはわかりますが、思いっきり日光にあたっても、すぐにシミができるわけではないので、結構油断しがちになりますよね。
果たして、紫外線を浴びてどのくらいでシミが出てくるのでしょうか。
まずは、シミ・そばかすができる原因を探ってみましょう。

 

 

シミの原因

一番の原因は何と言っても紫外線です。
紫外線と加齢が加わって、シミにつながるのです。
それが一般的なシミと言われる「老人性色素斑」です。
これまでに浴びてた紫外線に加齢が加わって出てくるシミのことですね。
他にも、ニキビ跡の皮膚に炎症ができることが原因となる「炎症後色素沈着」や、ホルモンバランスの乱れによって出てくる「肝斑(かんぱん)」などがあります。
シミを放っておくと、加齢とともに濃くなります。

 

細胞の中の核に紫外線が浴当たることで、核の中のDNAが破壊され、皮膚がんを発症したり、細胞の死滅へとつながります。
そうならないために、表皮の奥にあるメラノサイトがメラニン色素を生んで黒化させるのです。
たくさんの細胞が同じようにしてメラニン色素を生み出して核に紫外線が当たらないようにバリアするのです。
このメラニン色素は通常、ターンオーバーによって、角質と一緒に排出されるのですが、ストレスやホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、肌への摩擦による刺激などの理由によってターンオーバーが正常に行われないと、排出されずにそのまま残ってしまうのです。
これが、シミとなってしまうのです。

 

 

そばかすの原因

そばかすは、「雀卵斑(じゃくらんはん)」という名前が正しく、遺伝性である確率が高くなります。
斑点の大きさはシミより小さくて、できる場所は鼻周りや頬が出やすいという特徴があります。
シミとは反対に、加齢とともに薄くなることがありますが、紫外線を浴び続けることで、濃くなってしまいます。

 

 

シミがあると、肌は黒くくすんでしまい、本来の年齢よりも老けてみられがちです。
老けて見えると、「もう何をしてもこんなだから、いいや!」と自暴自棄になって、何もケアを行わない人がいます。
そうなると、今まで防いでいた紫外線も存分に浴びてしまって、結果シミやそばかすが悪化してしまったということになりかねません。
これはとても危険です。
シミが増えるだけでなく、ひどくなると皮膚がんができてしまうこともあります。
これ以上シミやそばかすを増やさない(濃くしない)ため、新たなシミを作らないためにも、シミやそばかすの原因を知った上で、しっかり対策を行っていきましょう。

シミ取りクリーム

濃いシミをどうにかしたい!そう悩んでいるのは私だけではないことでしょう。
何歳になっても、できるだけキレイなお肌を保ちたいと願う女性はたくさんいることと思います。
さて、シミをどうにかするには、何が一番有効なのでしょう。
シミ取りで覗いてみると、様々な選択肢があります。
しかし、あまり効果が出ないものもあるのです。
そこで、私が調べた中で有効なシミ取り方法をお伝えします。

 

 

シミ取りにはクリームがよい

シミの種類にもよりますが、まず一般的にシミと言われる、紫外線と老化が原因で出来てしまったシミである「老人性色素斑」については、クリームがおすすめです。
医薬品でももちろんよいのですが、なかなか高いのと副作用が心配という人は、医薬部外品や化粧品のクリームを選ぶとよいでしょう。
ビタミンC誘導体やフラーレン、アルブチンなどの有効成分が配合されているものを選びましょう。
また、保湿成分がしっかり入っているものや、ターンオーバーの乱れを整える人型セラミド(セラミドT・U・V)が配合されたものを選ぶと尚よいです。
ターンオーバーの乱れは、しっかり改善できると、お肌年齢が変わってきます。
素肌の美しさを実感できるとともに、化粧ノリも変わってくることでしょう。
さらに、周りからの指摘があると、よりテンションが上がりますね。
医薬品に配合されている「ハイドロキノン」。
これも市販のクリームで見つけることができます。
しっかりシミを薄くしたいと考えるならば、ハイドロキノン配合のクリームを選択するのも有りだと思いますよ。

 

また、ニキビやケガなどが原因で、かさぶたになってから剥がれ、その形のまま茶色くなった、炎症性色素沈着の場合も、クリームは有効です。
むしろ、こちらの方がクリームの効果はぐんと現れやすいでしょう。
お肌のターンオーバーが正常に機能すれば、徐々に薄くなることを実感できそうです。

 

 

この2つのシミ対策には、医薬品や医薬部外品、化粧品のクリームでも効果は現れそうですね。
また、そばかすにおいても、シミ取りクリームで薄くすることは可能です。
ただし、そばかすは、UVケアがとても大切になりますので、絶対に怠らないようにしましょう。
もちろん、他のシミ対策としても、UVケアは大切です。
休日で外に出ないから何もしないなんてことがないように、気を抜かないようにしましょう。

 

 

クリームがあまり効かないシミ

クリームで取れないシミも実はあります。
まず、肝斑があります。
しかし、肝斑は50代後半になると徐々に薄くなって消えていくという特徴があります。
あまり気にならないのであれば、消えるまで待つという手もあることを覚えておきましょう。
クリームの他の対処法としては、トラネキサム酸が入った内服薬を飲むことですね。
内側からのケアが有効になるのです。

 

クリームを使用するとともに、しっかり睡眠と栄養をとって、規則正しい生活を心掛けるようにしましょう。

 

(出典:専門医厳選!最強シミ取りクリームランキング!美白効果&口コミ!

更新履歴
このページの先頭へ