医療用医薬品でシミ・そばかすを撃退

シミ・そばかすにお悩みのメンズ、レディースのためにシミ・そばかすに効くクリームについてお伝えします。
MENU

医療用医薬品でシミ・そばかすを撃退

シミやそばかすを消すために、ドラッグストアで取り扱っているサプリや薬用クリームなどの購入を検討した経験はありませんか?
私は、実際に購入して色々試したことがあります。
しかし、どれもなかなか効果があらわれず、1本使って断念してしまいました。
サプリは、今も飲んでいますが(たまに飲み忘れます)、効果が出ている実感は正直のありません。
やっぱり、1000円程度で購入できるものが多いので、効果も値段程度といった感じでしょうか。

 

 

医療用医薬品

シミやそばかすをどうにか消すことのできるクリームなどはないのでしょうか。
完全に消えるかどうかは別として、しみやそばかすの治療に使われるクリームはあります。

 

ハイドロキノン軟膏

肌の漂白剤とも呼ばれています。
そのくらい、強い漂白効果がある軟膏にです。
メラニンを生成するチロシナーゼ作用を阻害して、メラノサイトに働きかけ、メラニン生成を抑えることができます。
皮膚科などの医療機関で処方してもらうものは、有効成分が5〜10%とかなり高濃度となりますので、使用方法を誤ると、赤みやかぶれ、炎症などを引き起こします。
使用する際は、必ず専門医の指示に従うようにしましょう。

 

 

トレチノイン軟膏

表皮細胞の新陳代謝を促し、コラーゲンを生成して、肌の弾力や潤いを改善させるので、若返りの薬とも呼ばれています。
ビタミンA誘導体であるレチノイドの一種であり、ニキビの治療にも使われます。
代謝が上がることで、沈着しているメラニンを上手に排出させることができます。
トレチノイン軟膏を塗布すると、肌が赤くなって皮が剥がれるような反応が起こります。
これが約6週間続き、その間、量や濃度の調整が必要なので、医師の指示に従わなくてはなりません。
勝手な判断で量や濃度を誤ると、炎症を引き起こしたりしますので、絶対に止めましょう。

 

 

効果的なサプリ

サプリメントでは何がシミ・そばかすに有効なのでしょうか。

 

トラネキサム酸

色素沈着を抑える効果があります。
さらに、メラニンの生成を抑制しますので、シミの予防・改善にはもってこいの成分です。
特に、肝斑の治療に有効です。

 

 

ビタミンC・ビタミンE

抗酸化作用があり、メラニンへ働きかけることで色素沈着を緩和するビタミンCは、シミの予防・改善におすすめの成分です。
さらに、高い抗酸化作用があって、血流をよくして代謝をたすけるビタミンE。
ビタミンEは、アミノ酸が参加することでチロシンが生成される、酸化の過程を阻害することができます。
ビタミンCと一緒に服用すると相乗効果が出やすいのでおすすめです。

 

 

医療用医薬品、中でもクリーム類は効果が高い分、誤った使い方をするのが怖いので、しっかり信頼できる医師に相談の上で処方してもらうようにしましょう。
サプリの中でも、ビタミン類は私たちの体に必ず必要な成分ですので、これはシミやそばかすの改善目的だけでなく、健康のために摂取し始めてもよいかもしれませんね。
上手に使って、シミやそばかすを少しずつでも改善していきましょう。

このページの先頭へ