女性必見!そのシミ、メイクで隠そう!

シミ・そばかすにお悩みの女性に、シミ・そばかすをメイクで隠す術をお伝えします。
MENU

女性必見!そのシミ、メイクで隠そう!

シミやそばかすがあると、どうしても暗い印象になりがちです。
肌が暗いとなんだか気分まで暗くなってしまいますよね。
毎日を楽しく過ごすためにも、気分を上げることは大切です。
シミやそばかすがあると、なんだかうつむきがちになってしまうこともあります。
そんな時、上手にメイクができると、シミやそばかすをカバーして気分を上げることができます。

 

 

シミ・そばかすを上手に隠すメイク術

 

シミやそばかすを隠すために、ファンデーションやコンシーラーをひたすら重ね塗りする人を見かけることがありますが、これではその場しのぎで、時間の経過とともにシミもそばかすも目立ってしまいます。
それどころか、化粧崩れが酷くなって見るも無残になっている人もいます。
それでは本末転倒です。
メイクでシミやそばかすを隠すためには、ちょっとしたコツがあるのです。

 

下地は丁寧に

メイクの基本である化粧下地は絶対に手を抜いてはいけません。
特に、シミやそばかすを上手に隠したければ、しっかり丁寧に塗っておきましょう。

 

下地・ファンデーションの塗り方

意外と知らない、下地・ファンデーションの塗り方です。

  1. 適量を手の甲に出す
  2. 額、両頬、あご、鼻筋にのせる
  3. それぞれ顔の中心から外側に向かって伸ばし、手で馴染ませる
  4. スポンジを使って軽く押さえ、下地を肌に密着させる

 

 

ファンデーションは液状がおすすめ

お肌の悩みを上手に隠すためには、パウダーファンデーションよりもリキッドタイプやクリームタイプのファンデーションを選ぶことがポイントです。
脂性肌だからと、リキッドやクリームタイプのファンデーションを避けている人は、一度見直してみましょう。
最近は、様々なファンデーションが販売されているので、きっとお気に入りのファンデーションが見つかるはずです。

 

 

コンシーラーで濃いシミやそばかす隠し

下地とファンデーションで隠しきれない濃いシミやそばかすには、コンシーラーを使用しましょう。
使用しているファンデーションより若干暗めの色を選ぶのがポイントです。

 

 

仕上げはフェイスパウダーで

最後の仕上げは、フェイスパウダーを使用しましょう。
上から軽くおさえるようにのせていくのが、メイク持ちと塗りムラをなくすポイントです。

 

 

化粧下地もファンデーションも、きちんと紫外線対策できるものを選ぶのがおすすめです。
最近のものはほとんどがしっかり対策されていますが、稀にそうでないものもあるので、確認してから買うようにしましょう。
シミやそばかすの改善を試みるとともに、上手にメイクをして、シミ・そばかすをしっかり隠して、明るく楽しい日々を過ごしていきましょう。
メイク術が上がると、毎日が楽しくなりますからね!

このページの先頭へ